インタビュー

アルキタ×オトキタ連動 アーティストインタビュー
北海道シェアNo1求人情報誌「アルキタ」に毎週掲載中のオトキタアーティストインタビューを1週遅れでオトキタWebにて掲載しています。
※09/04/13 更新分よりアーティストセルフポートレートになりました。こちらも注目して下さい!

最新記事10件を表示

(全10件)

アーカイブ

2017.05.22

作詞フェス インタビュー(Soul mArk If me/Nothing/橘亜耶/コニシユカ) NEW

▼MEMBER
vo/g/b/dr/key/etc. Soul mArk If me

ジャンルやセオリーにとらわれないワン&オンリーの世界観。 シャウト、ウィスパー、ファルセットを自在に行き来する4オクターブ以上の声域を活かした独自の歌唱。 現代と人間の矛盾と不条理を表現し続ける、孤高のアーティスト&シンガーソングライター。 ヴォーカルユニット「かねあい」と並行し、様々な形態での活動を継続中。 HISTORY: 中学卒業後デザイン学校に進学するも突然音楽に目覚め、自己流で作詞・作曲や歌を始める。  1997年、ギタリスト鴇田隼とユニット「NOAH’S Ark」を結成。 1999年よりソロワークを開始。ソングライティングや歌、ギターのみならずベース、ドラム、ピアノ、キーボード、打ち込み、レコーディング、ミックス、マスタリング、デザイン等その全てを手掛ける。 【第一期】1999 - 2002  主にレコーディングを中心に活動。2年半の間に6枚のフルアルバム、1枚のシングルを発表。 ≪2002年、かねあい結成。ソロワーク休止≫  【第二期】2009 -  7年ぶりにソロワークSoul mArk If meを再始動。 第一期ベストアルバム『音学史 -1999〜2002-』、第二期リスタートシングル『U』を同時発表。 弾き語りライヴ中心に活動を展開。続々と新曲を発表し、2010年8月に最新作『産声』を発表。  同年8月に東京、11月には札幌で9年ぶりにバンドスタイルでのライブを行った。  2011年、自主企画「報いのない前進」を10年ぶりに復活。 2012年、バンド初音源をリリース。次なる高みを目指し、チャレンジを続ける。

2017.05.22

作詞フェス インタビュー(Soul mArk If me/Nothing/橘亜耶/コニシユカ)NEW

▼MEMBER
Vo.Gt&Piano橘亜耶

橘 亜耶(たちばな あや) 1986年生 獅子座 B型 札幌を中心に活動しているシンガーソングライター ジャンルはミクスチャー系ポップ 幼い頃から音楽は好きだったが15歳から本格的に作詞作曲に目覚める。 基本ソロで活動をしているがライブでは弾き語りやバンドスタイルと形態は様々。 2010年11月1stマキシシングル『思いどおり』をリリース 15歳の頃、MDに録音して何度も聴いたRCサクセション あの興奮を忘れられず、今ここにいます

2017.05.22

作詞フェス インタビュー(Soul mArk If me/Nothing/橘亜耶/コニシユカ) NEW

▼MEMBER
松崎真哉(Vocal) 佐藤潤(Guitar) 伊藤新(Guitar,Chorus,Blues Harp) 熊田俊彦(Drums) 橘頼紀(Bass)

1985年結成、31年目のポップロックバンド。 2006年から松崎、佐藤、伊藤の3人でアコースティックバージョンとして再スタート。 2007年11月にアルバム「-2」を、2011年には「Hometown Ballade」を発売。 2013年よりオリジナルメンバーのDrumsくまじこと熊田俊彦が合流。 2014年よりウッドベース橘頼紀が参加。 2016年NEWアルバムをリリース予定。 長く生きていると、少しずつ背負うものも増えていって、 毎日の生活の中では、キツいこともあったり。 だけど、決してすり減っただけではないし、 人生意外と棄てたもんじゃない。 そんな毎日を頑張る人へ届けたい歌をうたっています。

2017.05.22

作詞フェス インタビュー(Soul mArk If me/Nothing/橘亜耶/コニシユカ)NEW

▼MEMBER
コニシユカ

北海道札幌市出身、武蔵野美術大学卒。 在学中からアニメーションや人形劇、その他映像作品の楽曲を担当。現在は札幌を拠点に作曲家、シンガーソングライター、グラフィックデザイナーとして活動している。 主に宅録で制作を行っており、自主制作CDの他インディーズアーティストへの楽曲提供や編曲、録音、MIX、マスタリングを手がける。 2015年9月に入眠用コンセプトディスク『yumeyume #1』、2016年に脳内会議シリーズ3作を発表後、2017年4月に総集編として1st mini album『nona #』を発表。

2017.04.10

ナガイケンタロウ

▼MEMBER
Vo.AG.ナガイケンタロウ

31歳。シンガーソングライター。 北海道出身。 1998年(当時中3)に、祖父のギターを譲り受け音楽に触れる。 2004年、専門学校で出会った当時の相方と「Ky(キー)」を結成。 狸小路を中心に路上ライブや、各ライブハウスでのイベント・企画等にも参加。音源も、フルアルバム1枚、シングル3枚、ミニアルバム1枚、オムニバスアルバムにも多数参加など、数々の作品を制作し、精力的に活動するも、2010年2月7日のバンドセットでのライブを最後に活動休止。 休止後ソロ活動を始め、翌年11年6月には、1st.ミニアルバム「唄」のレコ発ワンマンライブを行う。その後も、シングル1枚を発売し、12年12月にはソロでのバンドセットライブを行う。 14年11月10日に平岸フライアーパークにて、ソロ名義での2nd.ミニアルバム「VOICE」のレコ発LIVEを行う。 15年、『NagkenBand』を結成。バンドセットとともに弾き語りでもライブ活動を行っている。 現在、札幌・小樽を中心に自身の活動はもちろん、楽曲提供、サポート活動、ライブ配信、企画ライブなど、様々な活動を行っている。

2017.03.21

岩見十夢

▼MEMBER
シンガーソングライター

1980年11月24日生まれ。本名。 2001年に1stミニアルバム「アンダーザサン」をリリース。東京を拠点に活動を開始する。その後、自主制作1枚を含む3枚のCDをリリース。その他、自身の音源によるコンピレーションアルバムへの参加や、コーラス、コルネットなどで他アーティストへの楽曲参加なども多数。 2012年夏より活動拠点を札幌に移す。現在はライブ活動の他、Eテレ「シャキーン!」への楽曲提供、TV出演等で好評を得ている。

2017.02.13

NEOWOLX

▼MEMBER
Vo.kayte Gt.Zyn

2014年、北海道札幌で誕生したロックユニット。 自主レーベルEXCEED CORE RECORDSを立ち上げ世界を視野に活動中。 1年間のレコーディング期間を終え、2016年、無料シングル音源を配信後LIVE活動を本格始動。 CD版とデジタルデータ版両サイドから4曲入り1st EPをリリースし、 その4ヶ月後には続編となる2nd EPをデジタルデータ販売のみでリリースした。 NEOWOLX(ネオヴォルクス)とは 北欧神話に登場する狼フェンリルをベースに考えられ、 新たな救世主という意味合いでギリシャ語のNEO(ネオ)、 ロシア語読みで狼wolf(ヴォルク)、さらにラテン語で光を意味するlux(ルクス)。 これらを掛け合わせ、 音楽の新時代を築き上げ世界へ解き放つという二人の願いが込められている。

2016.12.05

Recall(1/2)

▼MEMBER
谷藤勝彦(Vo.Gt.Mandorin.Key) 窪田弘樹(Drums) みゃん@(Cho.Bass.Per) 沖田 真理(Gt.) 齋藤 "GO" 郷(Sax.)

2001年9月、札幌にて結成。 あくまでもアコースティックにこだわり続けたロックバンドであったが、2009年 から新作制作に当たり、新たな可能性を追求するため、エレキ スタイルに変貌 する。 あらゆる音楽を内包するロックが持つエッセンスを、独特なグルーヴとメロディ に昇華させつつ、ルーズに活動。メンバーチェンジを重ね、現在は 第10期を迎え 市内諸々の某所にて不定期にライブ活動を展開中。 過去ミニアルバム、ライブ版CD、スタジオ版CD、時計台ソロライブDVDを各1作 ずつ発表。2009年に通算5作目にあたる新作CDを初の PVを添えてリリース。 その後、2013年、2014年、2015年、とマキシシングルをリリース。2016年11月に は9作目のEP「R-2」をリリース予定。 2017年には記念すべき10作目のアルバム 発表も予定されている。

2016.12.05

Recall(2/2)

▼MEMBER
谷藤勝彦(Vo.Gt.Mandorin.Key) 窪田弘樹(Drums) みゃん@(Cho.Bass.Per) 沖田 真理(Gt.) 齋藤 "GO" 郷(Sax.)

2001年9月、札幌にて結成。 あくまでもアコースティックにこだわり続けたロックバンドであったが、2009年 から新作制作に当たり、新たな可能性を追求するため、エレキ スタイルに変貌 する。 あらゆる音楽を内包するロックが持つエッセンスを、独特なグルーヴとメロディ に昇華させつつ、ルーズに活動。メンバーチェンジを重ね、現在は 第10期を迎え 市内諸々の某所にて不定期にライブ活動を展開中。 過去ミニアルバム、ライブ版CD、スタジオ版CD、時計台ソロライブDVDを各1作 ずつ発表。2009年に通算5作目にあたる新作CDを初の PVを添えてリリース。 その後、2013年、2014年、2015年、とマキシシングルをリリース。2016年11月に は9作目のEP「R-2」をリリース予定。 2017年には記念すべき10作目のアルバム 発表も予定されている。

2016.11.07

かねあいよよか

▼MEMBER
”かね”相馬りえ(Vo&Ag) ”あい”Soul mArk If me(Bass&Key&Vo) よよか(Dr&Key&Vo)

石狩市在住の家族バンド。 2002年6月より、前身となる夫婦デュオ「かねあい」を結成。 2015年6月、当時5歳のドラマー"よよか"加えた家族バンド「かねあいよよか」として活動開始。 札幌と石狩を中心に、オリジナル曲の演奏を重ねている。 2016年3月には初CD「ハマナスの約束」をリリース。 幼稚園児でのCDリリースは各方面で話題となる。 2歳からドラムを始め、4歳で初ライブをしたドラマー"よよか"。 福山雅治やB'z、井上陽水、中島みゆきなどの演奏で知られるトップドラマー山木秀夫氏に師事。 その他、菅沼孝三氏、川口千里氏の前座など、様々なプロ・アマアーティストとの共演を重ね、各方面・メディアより注目を集めている。2016年のドラムマガジンでのコンテストにも一次審査通過。 【これまでのメディア出演】 ●2015年7月1日(金) 北海道新聞朝刊(石狩・当別圏の面)”5歳のパワフルドラマー”として掲載。 ●2015年8月7日(金) HTB「イチオシ!」にて“5歳の天才ドラマー”として特集が放送。 ●2015年9月23日(水・祝) HTB「イチオシ!モーニング」「イチオシ!ピックアップ」にて”5歳の天才ドラマー”として特集が放送。 ●2015年11月7日(土) UHB「タカトシ牧場」にゲスト出演。タカアンドトシ、COW COWと共演。 ●2015年12月5日(土) 石狩コミュニティ新聞「まちあかり」の"いしかりアーティスト"のコーナーに掲載。 ●2015年12月30日(水) UHB 年末アンコール放送「タカトシ牧場」に出演。 ●2016年3月29日(火) 北海道新聞朝刊(石狩・当別圏の面)で“石狩の家族バンド初のCDリリース”の記事が掲載。 ●2016年3月30日(水) 北海道新聞朝刊(札幌圏の面)で“石狩の家族バンド初のCDリリース”の記事が掲載。 ●2016年4月6日(水) STV「どさんこワイド179」の“スーパーどさんこ小学生特集”に出演。 ●2016年4月7日(木) HTB「イチオシ!モーニング」「イチオシ!ピックアップ」でビデオメッセージ出演。 ●2016年4月18日(月) HBC「今日ドキッ!」で“スーパー小学生”として特集が放送。 ●2016年4月23日(土) UHB「映女と音女と福男」でかねあいよよかの紹介が放送。 ●2016年4月28日(木) 北海道新聞朝刊「ひと」のコーナーに“6歳のパワフルドラマー”として掲載。 ●2016年5月8日(日) FMラジオAir-G'「にこにこぎゅっ」にゲスト出演 ●2016年7月7日(木) HTB「イチオシ!モーニング」にて"onちゃんおはようたいそう”をドラムでプレイ。 ●2016年7月30日(土) TBS「王様のブランチ」の"スーパーキッズ特集”に出演 ●2016年9月22日 (木・祝) NHK 「いくぞー北の出会い旅&穴場ハンタースペシャル」に出演。吉幾三、バービー、藤岡みなみらと共演。吉幾三カバー「俺ら東京さいくだ」を演奏。 ”かね”はボイストレーナーとしても活動中。 ”あい”は【Soul mArk If me】として、ソロプロジェクトでも活動中の他、様々なアーティストのレコーディングやプロデュース、サポートなども行っている。