ライブレポート

  1. Back
  2. LIVE REPORT:FM NORTH WAVE Act Against AIDS LIVE 2016 in SAPPORO Supported by オトキタ
北海道を拠点に活躍するインディーズミュージシャンを応援する“オトキタ”。12月1日(木)に「FM NORTH WAVE  Act Against AIDS LIVE 2016 in SAPPORO Supported by オトキタ」が開催された。
Act Against AIDS LIVEは、「世界エイズデー」である12月1日に、音楽を通してエイズに関する正しい知識を持ってもらうためのイベントとして1993年より東京・大阪・名古屋など全国で開催。年を追う毎に賛同してくれる方が多くなり、今年は10都市15会場で同時開催している。
札幌は FM NORTH WAVEが中心となり、オトキタとコラボでKRAPS HALLにて開催!札幌在住3ピースバンド「青空教室」、メインアクトは、クリエイティブな4ピースバンド「sumika」からVo./Gt.片岡健太とKey./Cho.小川貴之の2名と、2016年メジャーデビューした4ピースバンド「SHE’S」が登場。会場右側の壁面には、正しい知識を解りやすくまとめたエイズに関するパネルを展示。司会はFM NORTH WAVE DJ yukaさんが担当してくれた。今回はこのライブの模様をレポート!



1組目は、多彩な楽曲とコーラスワークが特徴の3ピースバンド「青空教室」。DJ yukaさんから「本日がバンドとしてラストライブです」と紹介されると会場にどよめきが走った。そんな戸惑いの中で、最後となるであろうメンバー3人での円陣を軽く交わし、挨拶代わりの「Dr.ツクールのテーマ」からスタートした。上野さんのベースがクールにうねる「ハートが笑ってる」で観客も微笑みながらリズムにノってきた。展示しているパネルを見てもらおうと描かれているイラストをイジって笑いを誘う場面も見せながら、「残りの曲を全力でやります」とVo.Gt.うえださん。3人のハーモニーが美しく響く「愛と呼べる日まで」、Dr.ありちゃんの「ワン・ワン・ワン・ワン」のカウントから始まる、ワンちゃん愛に溢れた楽しいナンバー「犬のいる生活」へと続いた。最後のMCではありちゃんが涙声で感謝を伝え、うえださんが「悔いはありません」としっかり前を向くと会場から温かい声援が送られた。ラストは少し切ないミディアムナンバー「帰り道」。再び彼らの持ち味でもある美しいコーラスを響かせ、より特別に想いを込めたパフォーマンスを演じきると、割れんばかりの拍手が彼らを包みこんだ。




2組目は、4ピースバンド「sumika」からVo./Gt.片岡健太とKey./Cho.小川貴之の2名が登場。「実はこの体制は初めてなんです」と、このチーム名を考えた末、“日本天狗センター”にしましたと片岡さん。小川さんとの軽妙なやりとりが早くも会場の温度をグッと上げ、「1曲目は「ソーダ」」と紹介すると歓声が上がった。はじけるような楽しいサウンドに待ってましたと身を揺らす観客。サビでみんなとのシンガロンが沸き起こった最高にハッピーな「Lovers」、美しいVo.&Cho.から始まる「リグレット」ではクラップに誘われて会場全体が一体になった。片岡さんがAAALIVEの発起人である桑田佳祐さんのものまねを挟んで、このライブをきっかけに正しい知識を持ってもらえたらとイベントの主旨について温かく呼びかける。スキマスイッチのカバー曲「奏」を披露すると、極上なハーモニーを浴びた至福の表情たちが会場に溢れていた。“いろんな人たちに支えられ自分たちが居る”と感謝を述べた後、ラスト曲「雨天決行」へ。演奏後もポジティブなエネルギーが会場中をまとった素晴らしいアクトだった。




トリは、2016年にメジャーデビュー、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZOに出演し話題となった大阪出身の4ピースピアノロックバンド「SHE’S」。爆発的なパワーでダンサブルな「Un-science」からスタートすると、サビで手を振って応戦する観客と早くも一体となった。未来への希望を感じられる「Change」、10月にリリースしたシングル「Tonight」へと続き、関西弁ならではの口調でイベントの主旨を面白く訴えてくれた。井上さんの美声が響いた美しく切ないダンスナンバー「Night Owl」で、クラップを誘い、対照的なドラマチックでダイナミズムを感じる「Voice」へと続いた。余韻が空けきる前に広瀬さんが急に喋り出すギャップに笑いが起こるという茶目っ気も見せた。「ライブハウスはホッとする場所。これからもホッとする音楽を作っていきます。」と丁寧に挨拶。感動的なミディアムナンバー「Curtain Call」。井上さんが曲中に「音楽が好きだ!」と叫び、まっすぐな気持ちを全力で演奏にぶつけてくれた。アンコールでは「みんなでセッションしたかったなあ」と少し悔やみながら、「遠くまで」を大合唱し、全パフォーマンスが終了。メンバー退場後の明るくなった会場には充実感のある観客たちの笑顔で溢れていた。




次回のAct Against AIDS LIVEをお楽しみに!!



Photo by Jun Takashima

SET LIST

青空教室
1.Dr.ツクールのテーマ
2.ハートが笑ってる
3.愛と呼べる日まで
4.犬のいる生活
5.帰り道
片岡健太&小川貴之(sumika)
1. ソーダ
2. Lovers
3. リグレット
4. 奏(カバー)
5. 雨天決行
SHE’S
1. Un-science
2. Change
3. Tonight
4. Night Owl
5. Voice
6. Curtain Call
EN. 遠くまで
  1. Back
  2. LIVE REPORT:FM NORTH WAVE Act Against AIDS LIVE 2016 in SAPPORO Supported by オトキタ