オトキタ

  • Youtube
  • facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • facebook
  • Twitter
ARTISTアーティスト
アーティストへの演奏依頼
ポップ
如月blanca
キサラギ ブランカ

メンバー:

杉本憲治・Lingmu

活動拠点:札幌市、小樽市
出身地:札幌市、道外
オトキタ登録日:2014/04/10

プロフィール

アコースティックユニット
『如月blanca』キサラギ・ブランカ

洋楽やJ-popだけでなく、民謡、演歌、アニソンなど、枠にとらわれない演奏スタイルが実現できるのは、ギタリストの技術力とヴォーカルの音楽経歴にアリ!?

主に地域イベントや無料コンサートに出演しています。今後、福祉施設での公演や、国内外の観光客のために北海道ならではの日本の音楽を届けたいと考えています。そのような企画がありましたら、ぜひ私達に声をかけてください。


◆メンバー紹介

ギタリスト:杉本憲治(スギモトケンジ)

中学時代、夏休みに音楽の宿題で「何かひとつ楽器を覚えてくる」という課題を与えられ、少年はアコースティックギターを手に取った。
以降ギター弾きのおもしろさを覚え、高校時代も文化祭でソロギターを熱演。何故かゲゲゲの鬼太郎のテーマ曲を演奏したという噂も。
日本が誇る技巧派プロギタリスト、押尾コータロー氏の影響を受け、独学とは思えない演奏技術で人々の心を掴む。現在はインストゥルメンタルのソロパフォーマーとしてもステージに立つ。

ヴォーカリスト:Lingmu(リンムー)

保育園児のころ演劇会「オズの魔法使い」で主役のドロシーではなく悪役の西の魔女を率先して演じたという変わり者。(後にウィキッドとしてブロードウェイミュージカルとなった役なので先見の明はあったか?!)
もちろんこの役を目指したのは一人しかおらず、歌と踊りで完全ソロパートを披露することに。そこでステージに立つ楽しさと個を磨く大切さを覚える。小学生から合唱団に所属し、高校生にて長唄・民謡、大学では声楽イタリア歌曲・フラメンコカンテを学ぶ。英語・中国語・日本語を操るトリリンガルアーティスト。名前のリンムーは大学時代のニックネーム。

ギター&ヴォーカルのユニットは世間でも数多く存在しますが、インストュルメンタルで鍛え上げられたギター1本とは思えない演奏の表現力と、クラシカルな発声とポップな歌声を混ぜた独特なヴォーカル。
それぞれ背景もキャラクターも異なる2人だからこそ創り上げることができるステージ。


■□既出イベント□■
南小樽ヴェール・ボア ライブ「早摘み春の歌」(2014/4/15)
北海道神宮例祭 奉納行事「第12回、第14回 北海道神宮フォークうたごえまつり」(2014/6/15,2016/6/15)) 
さっぽろシティジャズ パークジャズライブ(2014/7/20)
さっぽろオータムフェストイベントステージ(2014/9/27、2016/10/1、2018/9/29)
ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo ステージイベント(2014/11/29)
アサヒビール工場クリスマスフェア(2014/12/25)
ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo ステージイベント(2015/12/13、2017/11/26)
札幌市生涯学習センターちえりあロビーコンサート(2016/5/14)
小樽音座なまらいぶ(2016/10/9)
サッポロファクトリーアトリウム『Sapporo Factory Weekday Live』(2016/10/18、2017/11/7)

アーティスト検索
ページトップへ