オトキタ

  • Youtube
  • facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • facebook
  • Twitter
OTOKITA INFO最新情報ブログ
2019.04.04

オトキタRadio 4/7 OA情報 ゲスト:「山﨑アヤ」

HBCラジオで毎週放送中「オトキタRadio」の情報です!
次回は、4/7(日)深夜4:30~5:00(4/8(月)早朝4:30~5:00とも言います)

今回のゲストは、旭川出身シンガーソングライター「山﨑アヤ」さんです!!
札幌・旭川を拠点に各地で精力的なライブ活動を展開中!!
4/10に4年ぶりの3曲入シングル「スタートライン」をリリースしますよ〜!

さらに、レコ発ツアーも4/9(火)音楽処から開始し、東京や道内を巡ります!
4/19(金)にはクラップスホールにて「春のヤマザキ祭り2019〜スタートライン〜」の開催も決定しています。
シングルに参加したミュージシャンが集結、フルバンドでお送りいたします!
これは楽しみですね☆

OAではニューシングル3曲を含めた4曲をフルでお聞かせしちゃいますよ!
チェックしてね!!!



「山﨑アヤ」さんのプロフィールはこちら
https://otokita.jp/artist/detail/?id=1055



この番組は、
「カフェCHI-MMでは、いろんなライブも行っていますよ、、Twitterでチェックお願いします」でお馴染みのミュージックショップ音楽処&カフェCHI-MM 店長 石川千鶴子さんがナビゲートします!


この番組ではメッセージ、リクエストを募集しています。
どしどし送ってくださいね☆
otokita@hbc.co.jp


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【聴き逃した方には、、radikoのタイムフリー聴取機能でOA後に1週間聴く事ができます!!】
http://radiko.jp

オトキタRadio 4/7 OA情報 ゲスト:「山﨑アヤ」
2019.04.03

アーティストインタビュー!社長もアーティスト!? 夢をみる方々のための新しいカタチの事業を展開するベンチャー企業 !

元4人組バンドのヴォーカル坂本竜也さんが会社を設立、ミュージシャンが活躍しやすい企業を目指しているとの事。坂本さん自身もソロアーティストとして活動しつづけ、「会社=アーティスト」という形態を取り、会社の地名度を周知させていくという。
音楽スクール「Voice Works Sapporo」校長 谷藤勝彦さんからこの話を聞きつけ、オトキタスタッフTがお話を伺いました。


i CREATiONS 代表取締役 坂本竜也
→ソロヴォーカリスト

アーティストインタビュー!社長もアーティスト!? 夢をみる方々のための新しいカタチの事業を展開するベンチャー企業 !

i CREATiONS プロデューサー 谷藤勝彦
→音楽スクール「Voice Works Sapporo」校長・ロックバンド「Recall」ヴォーカル

写真

i CREATiONS WEBサイト
https://www.icreations.co.jp


―本日はよろしくお願いいたします。
谷藤  ようこそ、いらっしゃいませ!わざわざありがとうございます。
坂本  本当にありがとうございます。
谷藤 (名刺を頂き)僕は坂本くんの会社のプロデューサーとして関わらせて頂いています。坂本くんのアイデアは今まで誰も実現した事がないと思います。僕も協力できる事があればという事で引き受けさせて頂きました。


準備期間2カ月で会社登記、事業は4部門、すでに支店も!!

―いつごろから会社を立ち上げたいと思っていたんですか?
坂本 僕が主軸としてやりたい事は音楽なんですけど、元々ビジネスにも興味があってアイデアを実現化する事に挑戦したいと思っていました。元をたどれば17歳の時にイベント団体を立ち上げた所からスタートしていますね。その時は、スキルも人脈もなかったので、まずはやれる事からと動き始めたんです。
きっかけとなったのは、昨年の夏、バンドで契約のオファーがあったんですけど、自分が本当にやりたい事なのかと疑問に思ったんです。その時に改めて自分で新しいものを作りあげていたいと思えたんですよね。
もうやるしかないと2カ月間準備して10月に会社登記、さらに2カ月間で福岡と茨城県つくば市に支社を作ったんです。
現在事業は主に4部門、芸能・不動産・通信(コールセンター・アプリ開発・有線)・イベント制作になります。真駒内に音楽スタジオ「STUDIO ONCE」もありますし、他にもエステのプロデュースや飲食店も手掛けています。


―福岡と茨城県つくば市に支社を作った理由は?
坂本  音楽をやっているとライブで遠征に行きたいと思う人が多いと思うんですけど、拠点の支店がある事によって、ツアー中も仕事が出来るんじゃないかと思ったんです。拠点の場所が増えると活動も広がると思うので、後々は全国主要都市に支店を作っていきたいですね。


―なるほど。仲間がいれば行きやすいですしね。ライブの合間に仕事も出来ると。
坂本  そうなんです。また、業務での成績が良ければ旅行代金を支給したりとか、いろいろと社員に還元できるようにしたいですね。


―それはうれしいですね。飲食店はどんなお店なんですか?
坂本 「繋がりを提供する」というアプリを開発したんですけど、特定のニーズがある人同士をつなげるサービスなんです。
そのリアル版の店舗にしたいと思っています。飲食も出来て「こんな人を探している」といったリクエストを受けてマッチングできる人材を紹介出来るお店。
今はまだ会社を立ち上げたばかりなので、まずはパーティーイベントを行って参加した方にアプリを使用してもらっているんですが、現在1500人が登録していて実際に毎日何組かがつながって動きがある状態なんですよ。
僕自身も、自分が望む能力や技術を持った「こんな人がいたら良いな」と思う事が多かったし、実際にいた時からこそ出来た事もあるんです。
後々は全国どこにいても、欲しい人材が探せるようになるシステムを作って、活用した人たちに喜んでもらえるようになっていきたいですね。


ミュージシャンが働きながら活動できる環境を提供したい

坂本 この会社ではミュージシャンが働きながら活動が出来るようにしていきたいんです。
仕事が自分に合っていなくもお金の為に働きつづけていく事が多いと思うんですけど、違う仕事をやってみたら自分に合っていたとか、別のやりたい事が見つかるかもしれないですよね。ウチでは通信を担当している人が不動産を覚えたり、色々経験していく中で自分に合ったものを見つけてもらおうと思っています。それぞれの事業が連携しているので、様々な業務を経験した事によって情報交換や情報共有が活性化していくと思います。
ミュージシャンをやりつつもいろいろな事を経験して自分の糧にして欲しいんですよね。
それと、そのミュージシャンのファンクラブを作り、入会したらファンに賃貸を安く紹介する特典があるとか、応援するとファンたちの生活にもメリットがある、そんな新しいサービスも考えています。
みんなに還元してあげられるような企業を目指していて、今はやっとその仕組み作りと実績が少し出来てきた状態です。
それと、今後も僕自身が1アーティストとして活動を続けていこうと思っています。


―社長をしつつも!
谷藤 ソロアーティストとして海外での活動にも力を入れているんですよ。彼が海外で行動してきたプロセスを織り交ぜたミュージックビデオを制作しているんですけど、それを観たら彼が口だけじゃなくてここまでやったんだという事を知れると思います。誰しもがヤル気になったらやれるんだ!という事を教えてくれましたね。地元にいながら海外で活躍する事が出来るという事も。

写真

2018年開催ジャパンベトナムフェスティバル(20万人動員)

―興味深いですね。今までライブで海外はどこに行ってきたんですか?
坂本 これまで、香港・マカオ・タイ・ベトナム・中国です。中国ではミスユニバースとコラボさせて頂いたり、タイは10万人のジャパンフェスティバルのメインステージに出演させて頂きました。1月に行ったベトナムは20万人のフェスで、共演でDA PUMPさんがいらっしゃったんですよ。


―随分スケールが大きい!海外でのライブやフェスはどういった経緯で出演が決まって行くのですか?
坂本 僕の場合は少し変わっているかもしれませんが…最初は旅行としてその国や場所の事情を調べるんです。
そうやって下調べをしながら、タイでは人づてに地元の音楽関係者の方を紹介してもらえる事になって、ステージがある小さいバーで歌ってみたらと誘ってもらえたんです。その実績を書いた紙資料を音楽業界の方やイベントを行っている方にどんどん宣伝していったんです。いろいろと顔を出していく中で関係者を紹介して頂いて、フェスへの出演につながっていったんですよね。


―こまめに顔を出して、つないでもらったチャンスは逃さないようにしていくんですね。
坂本 そうなんです。札幌の知り合いの方が「マカオのメディア関係の方が北海道に撮影しに来ているから何かにつながるんじゃない?」と教えてくれた事があったんですけど、メディア関係者やプロデューサーの方と名刺交換させてもらい「何かあったらよろしくお願いします!」と伝えつつも、即行動しなくてはと2週間後に僕がマカオに行っちゃったんです(笑)。
「本当に来る人なんて見たことがない!」とビックリされながらもラジオに出演させてもらったんですよ。
それがきっかけとなって中国でのイベントへの出演も叶ったんですよね。


―すごい行動力!!
坂本 行動は大事なんですけど、やみくもに動いてもチャンスは掴めないと思うので、その土地に合わせたジャンルや流行をリサーチして、合うような曲を作ったり、現地の言葉を入れたり工夫して披露しているんですよ。少しでも相手に合わせたいという気持ちで取り組んでいます。
加えて、「会社名=アーティスト名」として活動し、会社の地名度を周知させていく事も目的としています。
谷藤  彼は、目の前の事をブルドーザーの様に推し進めていく事は得意なんですよ。でも残念ながら彼の事を知ってくれている人は少ないんですよね。会社を立ち上げて社長になった以上、知ってもらわなくては。
彼は黙ってもやれる人なんだけど、目線の広がりというのは周りが作っていくべきだし、大人もこういう若者がいるんだったら協力したいという人はいると思うんです。北海道を背負っていく若者に期待するばかりではなく、道を整備して環境を整えるのは大人の役目。
その仕事なら僕は出来るから、いろんな方に彼の事を知って頂きたいと思っています。

写真

2018年開催タイジャパンフェスティバル

ミュージシャンが自分も一緒に関わりたい!と思った場合は…

―企業の社長とアーティストの二足のわらじは大変じゃないですか?
坂本 だからこそやり甲斐がありますね!
やりたい事があって協力して下さる皆さんがいらっしゃるので、すこしでもスピードを上げて目の前の事をこなしていきたいと思っています。
全部やりたい事なので大変な事だとは思っていないです。


―ミュージシャンが自分も一緒に何かしたいと来たらどんな関わり方になりますか?
坂本 現在、ラグビーのプロ選手になる方のスポンサーをしていて会社の宣伝をお願いしているんですけど、同じ様にアーティストも宣伝をしてくれたらサポートしやすいです。例えば自分の友人に賃貸を宣伝をしてもらい、成立したら還元するというチャンスを与えてあげたいと思っています。
そんな中で「自分にはコレが出来る!これを頑張っているんです!」という意欲のある方がいたら自社への採用もあると思います。


―自社のサポーターを増やしていく事に繋がっていくという事ですね。
坂本 はい、まずはサポーターやパートナーという形で一緒に協力し合っていきたいですね。

写真

愛弟子のライブでPAを勤める谷藤さん。若い才能を日々大切に育てています。

音楽を通じていろんな所と絡んでいける選択肢が世の中にはたくさんある

谷藤 以前、札幌市のスポーツ局の方と、札幌オリンピックを2030年に誘致したいので啓蒙活動を若手のミュージシャンにお願いしたいというお話を伺ったんです。
最近地下鉄で到着の音楽として札幌オリンピック(1972年)のテーマソング「虹と雪のバラード」が流れていますけど、若い人たちは何の音楽なのか分からないし、札幌でオリンピックが行われた事も知らないんですよね。
多くの人たちに親しんでもらいたいという啓蒙の一環で「虹と雪のバラード」を20代までの若い方がアレンジして歌うコンテストが開催されたんですけど、見事愛弟子の「岩佐亜由美」が2人ユニット「ぱれっと」と組んだユニットがグランプリになったんですよ。
せっかく出来たテーマソングをどこかで流してもらわなくてはという事で、竜也くんがスポカル(スポーツ&カルチャー体験フェスティバル)のオーナーと繋がっているので、開催している会場で流して頂けるようにお願いしたんです。
そんな流れで、札幌オリンピック誘致の啓蒙チラシ配布やライブを会場で行う事も可能という話になり、スポーツ局とi CREATiONSが一緒に動く事になったんですよ。
これって“音楽を通じていろんな所と絡んでいける選択肢が世の中にはたくさんある”という事をi CREATiONSの活動が証明してくれるんじゃないかと思うんですよ。
すごく意味のある事だと思いますので、ぜひ注目して頂きたいと思います。


―今後の目標は?
坂本 i CREATiONSをブランド化させていきたいです。i CREATiONSのロゴがついているとカッコイイというイメージを定着させたいですし、アーティストや企業が集客に困っていたら、僕らがSNSなどで拡散してお手伝いできるようにしていきたいですね。


あとがき
お話を伺いながら、昔お会いした時の“1アーティスト坂本竜也”よりも、すでに“青年社長”という凛々しい表情と意思の強い姿勢を感じました。
「楽しくて人の為になる事」を常に考え、発想力・行動力の俊敏性にはお話を伺えば伺う程、驚きの連続でした。
これからもどんどん広がっていくアイデアや事業、人脈、地名度に私たちを驚かせてくれるのでしょうか。楽しみです。
働きながらミュージシャンとして活動していきたい、そして自分にやれる仕事・向いている仕事を探したいという方は i CREATiONS WEBサイトを覗いてみてください。

i CREATiONS WEBサイト
https://www.icreations.co.jp

2019.04.01

Sapporo*north2LIVE 2019.3.26フォトレポート「吉澤吉澤」

2019.3.26(火)オトキタPresents Sapporo*north2LIVE vol.78 
出演:吉澤吉澤
MC: 新谷明美(フリーアナウンサー)
トーク出演:高橋稜青(札幌放送芸術&ミュージック・ダンス専門学校 放送芸術音楽科 総合スタッフコース2年)

セットリスト
1.counterpoise
2.feel so…
3.BE HAPPY
4.Beginning of the light
5.となりのトトロ(カバー)
6.Counterpoise
7.Carillon
8.Turkish Window

Sapporo*north2LIVE 2019.3.26フォトレポート「吉澤吉澤」 写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

Photo by Ema Shido

ライブの模様はコチラ!
https://youtu.be/iaItdb-OLeg

CATEGORY

最新の記事

オトキタRadio 9/15 OA情報 ゲスト:「Hide-c.×もえぎ色プロジェクト」

オトキタRadio 9/15 OA情報 ゲスト:「Hide-c.×もえぎ色プロジェクト」

HBCラジオで毎週放送中「オトキタRadio」の情報です! 次回は、9…

オススメPICKUP! シンガーソングライター「MIMOGY」さん主催!9/15(日)「ぼくらの防災ステーションLIVE」@道の駅あびらD51ステーション!

オススメPICKUP! シンガーソングライター「MIMOGY」さん主催!9/15(日)「ぼくらの防災ステーションLIVE」@道の駅あびらD51ステーション!

働くオトナの心に寄り添うシンガーソングライター「MIMOGY」さん…

オススメPICK UP!9/15(日)シンガーソングライター「ナガイケンタロウ」さんが音楽活動15周年を記念してワンマンライブを開催!

オススメPICK UP!9/15(日)シンガーソングライター「ナガイケンタロウ」さんが音楽活動15周年を記念してワンマンライブを開催!

9月15日(日)シンガーソングライター「ナガイケンタロウ」さんが…

SHOWROOMオーディション「オトキタ presentsNEXTアーティスト発掘オーディション in 北海道」結果発表&特典情報!!

SHOWROOMオーディション「オトキタ presentsNEXTアーティスト発掘オーディション in 北海道」結果発表&特典情報!!

8月中に開催したSHOWROOMオーディション「オトキタ presentsNEXT…

オトキタTube 第23回目公開!!ゲストは テツヤ(月光グリーン) / ミュージカルユニットもえぎ色 !!

オトキタTube 第23回目公開!!ゲストは テツヤ(月光グリーン) / ミュージカルユニットもえぎ色 !!

おまちどーさまです!オトキタTube本日公開!!!今回も見逃せま…

オトキタRadio 9/8 OA情報 ゲスト:「ナガイケンタロウ」

オトキタRadio 9/8 OA情報 ゲスト:「ナガイケンタロウ」

HBCラジオで毎週放送中「オトキタRadio」の情報です! 次回は、9…

オススメPICK UP!今年も開催!北海道いのちの電話コンサート事業2019 「いのちミュージックデー」!

オススメPICK UP!今年も開催!北海道いのちの電話コンサート事業2019 「いのちミュージックデー」!

若者にいのちの大切さ届けたい、との思いで「世界自殺予防デー」…

オトキタ事務局に4人組バンド「づれづれぐさ」Vo.Gt.細川さん、Dr.敦賀さんが遊びに来てくれました!

オトキタ事務局に4人組バンド「づれづれぐさ」Vo.Gt.細川さん、Dr.敦賀さんが遊びに来てくれました!

オトキタ事務局に4人組バンド「づれづれぐさ」Vo.Gt.細川さん、Dr…

Sapporo*north2LIVE 2019.8.27「観月」フォトレポート&ライブ動画UP!

Sapporo*north2LIVE 2019.8.27「観月」フォトレポート&ライブ動画UP!

先日行われた「オトキタpresents Sapporo*north2LIVE」の「観月」…

オトキタRadio 9/1 OA情報 ゲスト:「月光グリーン」

オトキタRadio 9/1 OA情報 ゲスト:「月光グリーン」

HBCラジオで毎週放送中「オトキタRadio」の情報です! 次回は、9…

ページトップへ