1. Back
  2. ARTIST INFORMATION
natsu

natsu

ナツ
MEMBER
piano/vocal:natsu
主な活動拠点
道央 SAPPORO
プライド作詞:natsu/作曲:natsu

インタビュー

natsu

2008.09.16 UP

─音楽活動を始めようと思ったきっかけは?
ピアノは5歳くらいから始めたのですが、音楽活動を本格的に始めたのは2年ほど前です。きっかけはいくつかあります。まずは、BUMP OF CHICKENがすごく好きで、彼らの歌をずっと聴いていると、とても勇気づけられるんです。それで、私もそのような立場になってみたいという感覚が漠然と生まれました。あとは、あるカフェに行ったときに引き語りライブを観る機会があって、「かっこいいなぁ。私もやってみたいなぁ。こういう活動はどうやったら始められるのだろう?」と思ったのが、具体的には一番のきっかけのような気がします。そこから、ちょっとずつ活動を始めていきました。

─曲作りのインスピレーションはどこから?
詞のアイデアは、日常生活のなかで何気なく考えていることから得ることが多いです。聴く人に希望を持ってもらえるような歌を歌っていきたいと思っています。ただ、音楽を通して何か自分のメッセージを伝えるというよりは、楽しみ方は音楽を聴いてくれる人にゆだねて、それぞれの人が思うままに聴いてほしいなと思います。

─最近の活動内容は?
ライブは月に3〜5回位。週末は仕事が休みなので、ほぼ毎週のペースでライブをしています。「今しかない!」と思って、精力的に活動しています。曲作りも、時間を見つけては作っているような感じです。月に1曲位のペースで作っていきたいなと思っています。最近は、オトキタさんのおかげで、ラジオに出演したり、活動範囲が広がっています。ラジオなんて、初めて出演したのですごく緊張しました。スタジオで、写真をたくさん撮ってきちゃいました。

─今年2月にリリースした1stminiAlbum『Species』のコンセプトは?
このアルバムのタイトルは、ダーウィンの「種の起源(the origin of species)」から取ったものです。初めてのアルバムだし、ここからどんどん進化して、広がっていけたら、という想いでこのタイトルにしました。

─アルバイト体験について聞かせてください。
人生で唯一のアルバイトが、焼肉屋さんでのホールのお仕事です。まかないがあるというのを聞いて、「ここしかない!」と決めました(笑)。焼き肉丼とか、ジンギスカン食べ放題とかもあったんですよ。バイト期間は1年程だったのですが、仲間ができ、とても楽しかったです。この時、生まれて初めて「働く」ということを経験したので、「稼ぐって大変なことなんだなぁ…」ということを学び、良い社会勉強になったと思います。

─9月21日のオトキタLIVE出演について、意気込みは?
自分らしいライブができたら良いなと思っています。私のことを知らない人にも曲を聴いてもらえるチャンスだと思うので、頑張ります!

─これからの目標は?
2枚目のアルバムの構想を練っていきたいです。1枚目は、落ち着いた感じの曲が多かったので、2枚目は明るくて元気な雰囲気にしたいと考えています。あとは、ライブをもっとたくさんやっていきたいです。

─最後に、アルキタ読者へメッセージをお願いします。
ライブ活動をしていると人との出会いが多くて、それが財産になっていっているのを感じています。いろんな人たちと出会うことでインスピレーションをもらったり、頑張っているのを見て刺激を受けることも多いです。人との出会いってどんなところにもあると思いますし、どんな小さなことでも、まずはやってみると何か開けてくるのだと思います!

  1. Back
  2. ARTIST INFORMATION