ライブレポート

  1. Back
  2. LIVE REPORT:オトキタPresents Sapporo*north2 LIVE vol.58
北海道を拠点に活躍するインディーズミュージシャンを応援する“オトキタ”。7月25日(火)に「オトキタ presents Sapporo*north2 LIVE」が開催された。
このイベントは札幌駅前通地下歩行空間北2条広場で定期的に行われる、オトキタ登録アーティスト1組によるアコースティックストリートライブ。北海道の若手ミュージシャンの活動支援として、音楽と映像が融合した新たな創作活動の活発化を目指して開催。大型マルチビジョンに投影されたミュージックビデオを背景にしながらアーティストがLIVE演奏する。58回目となった今回の出演アーティストは、石狩在住家族バンド「かねあいよよか」が登場!会場MCはフリーアナウンサー新谷明美さんが担当してくれた。今回はこのライブの模様をレポート!


Ba./Vo.Soul mArk If meさん(以下ソウルマーク)がお父さん、Gt.Vo.相馬りえさんがお母さん、ふたりに挟まれ真ん中で堂々としたプレイを魅せた7歳のドラム「よよか」ちゃんはリハーサルから大注目。会場は溢れるほどの観客が押し寄せ、地下歩行空間北2条広場にて放映されていたミュージックビデオ(以下MV)の楽曲「センス!」からスタート。この日の為に島村楽器さんから借りたという電子ドラムでダイナミックに演奏し、りえさんの澄んだ歌声が楽しく会場に響いていた。
ここでMVのトークコーナーへ。鹿追町しかりべつ湖コタンにある氷のかまくらにて今年2月に外気-20°Cの中撮影。ソウルマークさんは「北海道らしいMVにしたくて素晴らしい場所で撮影出来て良かった」、よよかちゃんは「お気に入りはドラムに積もった雪を叩くシーン」と語ってくれた。



りえさん作詞作曲、切ない想いを綴った「ねがい」、つい頬が緩んでしまう、ほのぼのとして楽しいよよかちゃん作詞作曲「音がく」へと続いた。ここで、スペシャルメンバー4歳の弟「しどう」くんがミニギターを持って登場!しどうくんの事を歌った「まんまムーン」の演奏中、自由に動き回るしどうくんに目を奪われて、ほっこりしまくる会場。曲終わりのジャンプも華麗にキメて大きな歓声と拍手を奪っていった。5月にオトキタとソウルマークさんとの共同開催イベント「作詞フェス」で生まれた「冥府でばったり」では、メンバー全員が笑顔で熱演、会場から自然にクラップが沸き起こる盛り上がり。よよかちゃんがお腹にいた時、産まれて来る子へと作った楽曲「ティティ」では、時折演奏中に、ソウルマークさんとアイコンタクトをして笑顔を見せるよよかちゃん。家族の温かなムードに心が和んだひと時だった。アンコールにはしどうくんも登場して再びMV曲「センス!」を再演。「自分自身を表現する手段を何か持っていた方が良いと思うんです」と語る両親の教育方針の元、伸び伸びと音を楽しんでいるよよかちゃんとしどうくんの姿に、これからの飛躍に期待がますます高まるステージだった。



photo by EMA SHIDO

SET LIST

かねあいよよか
1. センス!
2. ねがい
3. 音がく
4. まんまムーン
5. 冥府でばったり
6. ティティ
En. センス!
  1. Back
  2. LIVE REPORT:オトキタPresents Sapporo*north2 LIVE vol.58