ライブレポート

  1. Back
  2. LIVE REPORT:オトキタPresents Sapporo*north2 LIVE vol.65
北海道を拠点に活躍するインディーズミュージシャンを応援する“オトキタ”。2月27日(火)に「オトキタ presents Sapporo*north2 LIVE」が開催された。
このイベントは札幌駅前通地下歩行空間北2条広場で定期的に行われる、オトキタ登録アーティスト1組によるアコースティックストリートライブ。北海道の若手ミュージシャンの活動支援として、音楽と映像が融合した新たな創作活動の活発化を目指して開催。大型マルチビジョンに投影されたミュージックビデオを背景にしながらアーティストがLIVE演奏する。65回目となった今回の出演アーティストは、札幌を拠点に活動する3人組バンド「オルターリードコード」がサポートのカホンメンバーを加えて4名編成にて登場!会場MCはフリーアナウンサー新谷明美さんが担当してくれた。今回はこのライブの模様をレポート!


昨年7月にリリースした1st full albumタイトル曲のミュージックビデオ(以下MV)のトークコーナーからスタート。MV曲の「gloomy box」は“暗い箱”という意味でVo./Synth.大山さんが“メンヘラ”をテーマに作詞したという楽曲。白い内装の美容室で黒い衣装を身にまとったメンバーとのコントラストがスタイリッシュな映像に仕上がった。このMVのイメージに寄せた一切笑わない大山さんの印象が定着し、「実際に彼女に会うと明るくてよく笑っている事に驚かれるんですよ」と語っていた。
今回のステージでは、1st full albumの楽曲をメインに6曲披露、レベルの高い演奏と個性溢れるメンバーの魅力に多くの観客が注目した。1曲目は懐かし切なメロディー「雨の日に…」。甘酸っぱさとバンドサウンドが融合したタイムレスなポップチューン。紅一点大山さんの真っ直ぐな声とコケティッシュな可愛らしさが際立ちつつも、一聴で演奏力の高さが分かる楽器隊の安定感が素晴らしい。続いてMVの楽曲「gloomy box」のアコースティックバージョンも聴き応えたっぷり。「観客が近くて緊張している」という大山さんに対し、ツッコミながらもフォローするGt.宇佐美さんの掛け合いに笑いを起こし、宇佐美さんのテクニカルギターが光る「B.B」は心地良い疾走感で会場を鮮やかに揺らしていた。



たくさんの通行人が足を止めている状況に驚き、2度目の自己紹介と感謝を述べて、美しく印象的なサビメロから始まる「LIKE A STAR」へと繋いだ。「音楽のお陰で人と関わる事が好きになったんです」と切り出し「自分だけじゃなく人にも何か感じてもらえたら幸せです。続きの演奏もするので良ければ聴いてください。」と挨拶。切なくも前を向いて歩く「GOOD-BYE LIFE STATION」を歌い上げ、包み込むように楽器隊が物語を紡ぐ。ラストは「聴いて下さってありがとうという気持ちを込めて」と紹介した、心に染みわたるバラード「またね、ありがとう。」。心地良い浮遊感がしっとりと会場を満たし、魅了された観客で一杯となっていた。深い余韻と強力な印象を残し1時間のステージは終演となった。



photo by EMA SHIDO

SET LIST

オルターリードコード
1.雨の日に…
2.gloomy box
3.B.B
4.LIKE A STAR
5.GOOD-BYE LIFE STATION
6.またね、ありがとう。
  1. Back
  2. LIVE REPORT:オトキタPresents Sapporo*north2 LIVE vol.65