ライブレポート

  1. Back
  2. LIVE REPORT:オトキタPresents Sapporo*north2 LIVE vol.69
北海道を拠点に活躍するインディーズミュージシャンを応援する“オトキタ”。6月26日(火)に「オトキタ presents Sapporo*north2 LIVE」が開催された。
このイベントは札幌駅前通地下歩行空間北2条広場で定期的に行われる、オトキタ登録アーティスト1組によるアコースティックストリートライブ。北海道の若手ミュージシャンの活動支援として、音楽と映像が融合した新たな創作活動の活発化を目指して開催。大型マルチビジョンに投影されたミュージックビデオを背景にしながらアーティストがLIVE演奏する。69回目となった今回の出演アーティストは、札幌を拠点に活動中のサラリーマンシンガーソングライター「ナガイケンタロウ」さんが登場!会場MCは札幌放送芸術&ミュージック・ダンス専門学校 MC・ナレーターコース2年 五十嵐彩香さんが担当してくれた。今回はこのライブの模様をレポート!


熱狂的なファンや友人が大勢見守る中、日常のなにげない幸せを温かく歌う「daily」からスタート。安定感のある抜群の歌唱力と演奏力に、どこか力の抜けた自然体の姿、193cmという長身とも相まって注目度が高いステージとなった。ケータイがガラケー主流だった時代の切ないエピソードが懐かしい「ただ、それだけ」では、エモーショナルなメロディーに観客が気持ち良さげにゆったりと体を揺らしていた。ビジョンで放映されている自身のミュージックビデオ(以下MV)を観て「さらに大きい自分がいてビックリした!」と笑わせながらも、2日前にワンマンライブを成功させ、普段はサラリーマンとして多忙な毎日を送っている日常を紹介。「お客さんのカメラでライブの瞬間を切り取られてずっと残っていけたらイイな」という思いを込めたワンマンライブで制作した新曲「現像」を力強く歌い上げた。



続いて自身初MVとなる「青空」の映像ディレクター村上大輔さん、主演の留木つばささんを迎えてトークコーナーへ。元々ナガイさんのファンだった留木さんが、影で村上さんに猛烈プレゼンをしてくれたお陰で実現した作品。三者それぞれに仕事を持ち、大人の事情からなかなかスケジュールが合わず、当初2カ月の予定でスタートした撮影が1年がかりに。春から冬への移り変わりが、遠く離れた人へと想いを寄せる楽曲のストーリーにリンクして、返って深みが増して良い作品になったとポジティヴに語ってくれた。
後半はそのMV曲「青空」を地下歩行空間いっぱいに響く程の声量に表現豊かに歌い、「青空」のアンサーソングとして1年後に制作したというバラード「日々」、“なんとかなるさ”というナガイさん自身の明るい性格そのままの「it's gonna be all right.」を披露。クラップで盛り上がる会場から、すかさずアンコール。日々サラリーマンとして働く心の叫びを込めた「BUSINESSMAN BLUES」を哀愁を帯びた歌詞とハジケながらの快演が観客の共感を得ていた。バラエティーに富んだ楽曲と同じ数だけ魅力のある、爽快で豪快なステージだった。



photo by EMA SHIDO

SET LIST

ナガイケンタロウ
1. daily
2. ただ、それだけ
3. 現像
4. 青空
5. 日々
6. it's gonna be all right.
EN. BUSINESSMAN BLUES
  1. Back
  2. LIVE REPORT:オトキタPresents Sapporo*north2 LIVE vol.69